定例会見の冷静さに、ほっ。

 TVでは、執行部刷新うんたら与謝野丸山で『谷垣降ろし』ってなっているが、自民党のなかで、汗のかいてない人たちのように思う。口だけの人が多いんだもの。

 国会中継をTVやネットで見ていると、わかるのですが。
 しっかり資料をつくって勉強してくる方、自分のしてきた政府の仕事を最大限使い問題提起する方、税理士、弁護士、元教師、元国税局など自分の職業を最大限活かす方、そんな方々は、一切、「執行部刷新・若手を」と言ってないんだよね。彼らは粛々と今出来る職務をこなしている。
(言葉は聞こえないけど、執行部を支えようと思っているんだろうと思う)

 小手先の質疑をしていた方に限って、「執行部刷新、若手を入れろ」だもの。

進次郎氏も出席、谷垣総裁が焼き肉会食記事(日刊スポーツ)
(記事には書いてないけど、総勢30名ほど)
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20100311-604789.html

 谷垣総裁の定例会見を見ていると、どこ吹く風のようにというか……もしかして、谷垣総裁は、『ふるさと対話集会』のように、議員たちの不満、不安怒りをしっかり受け止めているのかもしれないなぁ。ガス抜きさせてるのとは違う。

それにしても、谷垣総裁、打たれ強い。尊敬です。



 週末沖縄に行かれ、沖縄の仲井知事にも会われるそうです。おー!
 子ども手当ても問題や高校授業料無償化の問題にも、致命的欠陥ありとな。そうだそうだ!

 それにしても……マスコミは、「執行部刷新の件」ばかり聞いてました。
[PR]
by bluesketch | 2010-03-11 19:36 | 社会情勢・政治

社会情勢ブログ。今の日本の危機的状況下で、日本人としてできることを模索中。


by bluesketch