ぺ・公式~りぼん世代~花ぶらんこゆれて…

ペ・公式
 ポップアップ多すぎを我慢しましょう。ギャラリーは必見です。人によったら、笑えるかも。
 『その星はなんだその数は飛びすぎだ!(つい、PCの前でツッコミかました)』 っと、昔の少女漫画ばりです。好きな人にはたまらないんだろうな~~
 ペさんは、ふた昔前の少女漫画、王子様タイプ。
 王子様~不良(マーガレット/“愛してナイト”路線) へとシフト。
 とういか、王子様少女漫画の記憶がないんだよね~(笑)
 王道、王子様少女漫画ってなんだろう……

 『冬のソナタ』 を、一度、見た。30~50代以上が、ハマルのもわかる。
 なんか~むしょうに、
花ぶらんこゆれて…
太刀掛 秀子 「りぼん」1978年6月号~1980年2月号 連載
出版社/著者からの内容紹介
フランス人の母・ソニアの面影を宿す金髪とるり色の瞳を持つ少女るり。父の再婚によって妹・唯が生まれ、るりの運命は大きく変わってしまう。新しい母親の仕打ちに耐えながらも優しい兄に見守られ、るりは、澄みきった心を持ち続けてゆく…。
 ---------------- 話しは忘れてるんだけど、子供ながらに、泣いた記憶あり。
 『花ぶらんこゆれて』 (T^T を思い出した私。

 みんな、それぞれの、昔読んだ少女漫画を思い出してるんじゃないかな~
 30~50 「りぼん世代。 そこらへんが、韓流ブームのキーワードかも。

 参考資料
『りぼん』のふろくと乙女ちっくの時代―たそがれ時にみつけたもの
 大塚 英志 / ちくま文庫
 カラーりぼんカタログが数頁あります。とっても懐かしいですよ~。

りぼん
 小・中学生時代は、『りぼん』派でした。7.80年代の『りぼん』全盛の頃。
 高校に入ってからは、しばらくして『花とゆめ』に移ってたんですが、『ぶ~け』を、よく買っておりました。(今は、廃刊……)
 『りぼん』 が、子供っぽくなってしまったから、だったかな~。
 レディースコミックで、りぼん系漫画家さん、見かけると嬉しいですよ♪
 太刀掛秀子さん、発見したときは(そのときは、日常の話しで軽いタッチ)キラキラ目。陸奥A子さんも♪ 小椋冬美さん、田渕由美子さん、高橋由佳利さん。
 皆さん、絵は変わらずなんですが、古さをまったく感じさせないのが不思議。
 あっと、一条 ゆかりは、また別格っス。(^^ゞ
[PR]
by bluesketch | 2004-10-08 11:21 | 書籍・漫画

社会情勢ブログ。今の日本の危機的状況下で、日本人としてできることを模索中。


by bluesketch