感想スタンス(4)  感想クレクレ病 ~ 読み手のパトロン的悦楽

>『感想クレクレ病』 ~ 『読み手のパトロン的悦楽
 症状~日記・ブログ等に「感想ほしい・感想こない」 と、つい書いてしまう。なかには、「感想こないから、小説の続き書かない」 という、ツワモノも(笑)

 『感想』 や 『アクセス数』 しか指針にできない方が多のも事実。やはり、誰かからの反応がほしいのが人の常(つね)。
 <人から反応をもらうともっとうれしい。> そりゃ、私もうれしい
 でも、<人様の反応>を一番の指針にしちゃいけない。一番の指針は、<自分が創作を楽しむ>こと、誰が見なくても誰が読まなくても、『文章を綴ること、絵を書くこと、創作することが自分の喜び
 そのことを、感じれば、『人様の感想』 に指針を置かなくて済みます。
 『書き手が創作を楽しんでる』 ってのは、読み手にも伝わります。不思議と感想を頂くようになります。
 『クレクレ』 と言ってるうちは来ない。恋愛と一緒です。『彼氏ほし~いぃぃぃ』 と熱望してるうちは、相手もビビッテよってこない(笑)。
 書き手さんは、ここをぐっと我慢してみましょう。

 でも、読み手さんたち、書き手の『感想クレクレ病』 は、ゆるしてやって下され。
 読んで面白かったら、匿名でも一言 「面白かったよ♪」 と、そっと送るだけで、『読んでくれてるだ~涙が出るくらいうれしいっ』 と、書き手は思うわけで、ガンガン、小説書いてくれる可能性高し♪読み手さん!書き手を育てるパトロン的悦楽を味わえますよ~『あなた(読み手直撃)のために面白い小説書いてあげるぞぉぉぉ』 と、書き手は思うわけで……それを、育てるのも、読み手さんっ!
 感想を送るのは、そういう効果もあり。それは、漫画編集部や、漫画家、商業小説家にも言えることです。よい感想書き(読み手)さんたちが、書き手を育てる。
 パトロン的悦楽を味わいませんか読み手さん
[PR]
by bluesketch | 2004-11-24 10:53 | net創作感想考察

社会情勢ブログ。今の日本の危機的状況下で、日本人としてできることを模索中。


by bluesketch