三人称の発見まで (江戸を語ってる本だっ)

三人称の発見まで
野口 武彦 / 筑摩書房
 今、読んでいるのは、これ。

――江戸時代は、三人称を知らなかった。
 そう始まる第一章から、江戸からみた明治文学を語っている本、もとい江戸の文学(?)を語っている本になるのかなぁ? しかし、まだ最初の数ページまでしか読んでなし。(笑) 頭に入るには時間がかかりそうだけど、パラ読みしたかぎり、面白そうで期待の本っ。(1994 初版本)

 「相聞歌(サイト連載)」 がおわったら、江戸を舞台にした小説を書きたく、ここしばらく図書館通いしています。借りてきた5冊中3冊が江戸本です。まだまだどっぷり浸かりたいよ~。
[PR]
by bluesketch | 2006-09-20 23:03 | 江戸風俗

社会情勢ブログ。今の日本の危機的状況下で、日本人としてできることを模索中。


by bluesketch