伝統への回帰

 ガンジーの「インド独立国家」 ~自給自足の独立経済思想~(ユートピアへの挑戦)

 非暴力で訴えるイメージの強いガンジーですが、、「生活に必要なものは自分たちの手で生み出しなさい。自国で取れないものは欲しがるな」(ガンジーの糸車、講演原稿より  by片山佳代子) という現実的な面もありました。
 このことを知ったとき、ガンジーのイメージがガラリとかわりました。
 前にガンジーの本を(たぶんこの本かな……) 読みました。この本かどうかはわからないけど。米国から輸入される穀物によって、インドの伝統食(農業を含め)が脅かされ、貧困層が増えることへの危惧も書かれてたと思います。これは、戦後の日本でもまた、米国からの穀物(給食でのパン・脱脂粉乳など)の輸出政策もインドと同じくです。
 今はバイオエタノールによる穀物の価格上昇によって、世界で食が脅かされる自体になってます。世界情勢を考えると、「できるかぎり国内でまかなう」 ことが重要になってきています。
 伝統食への回帰が重要になる。

 ということで、地道に地元産の豆で手作り味噌作りや、農家直販で買うのを増やしています。消費者が日本を日本の第一次産業(農業・漁業・林業・製造業)を底支えしていかなくちゃね。
 地道ではありますが、食や産業を支えるために、家庭から見直しです。
[PR]
by bluesketch | 2008-10-17 09:35 | 社会情勢・政治

社会情勢ブログ。今の日本の危機的状況下で、日本人としてできることを模索中。


by bluesketch