党首討論は、当然セットされているもの。ほか。

 谷垣氏が、「国会復帰に党首討論を要求」 と新聞に出ていました。 
 要求っていうと、違う。やって当然の党首討論。たまたま、谷垣氏の怪我と重なりましたが、18日の討論を最初に蹴ったのは、現政権です。次の日程も蹴ってます。

 国会運営正常化は、もう少し先かな。しかし、強権政治なので、どうなるのかな。
 議論を尽くして、より良い制度を求めるのも、政治家の仕事であります。

 今日から、事業仕分け後半再開です。
 ムダムダというので切り捨てられる事業は、本当に無駄なのか。1時間ほどですが、議論はもっと少ない時間だそうだ。それで、断罪してもいいのか。と、思わざるを得ない。
 事業の先には私たちの暮らしがあります。それを私たちも意識したい。

 無駄と言い切る、マスコミの報道にも疑問を持ちます。
 しかしながら、テレビやラジオでイメージ戦略をやっているので(国会中継を流さないなど、洗脳に近いことも)、TVでしか情報を得られない方だと、今も現政権なのだろうと思います。

世論調査:内閣支持率64% 事業仕分け「評価」74%(毎日.jp)
http://mainichi.jp/select/today/news/20091124k0000m010069000c.html

 ここも、支持率は高いですが、支持してない項目も多し。

 鳩山首相の政治資金管理団体が個人献金の虚偽記載をしていた問題については、鳩山内閣を評価するうえで「重視しない」が48%で、「重視する」の41%を上回った。(引用)

 しかし、考えて見てください。

 鳩山氏や小沢氏の献金の問題が、自民党議員だったら、どう、マスコミは報じるだろうかと。
[PR]
by bluesketch | 2009-11-24 08:36 | 社会情勢・政治

社会情勢ブログ。今の日本の危機的状況下で、日本人としてできることを模索中。


by bluesketch