WSJ 日本のデフレ、アメリカからツッコミが入る!

【社説】日本のデフレ、脱却のカギは政府の「アニマルスピリット」  2009年 11月 27日
http://japan.wsj.com/article/1127_deflation.html

 日本はかつてデフレに苦しんだが、その苦しみを再び味わうことになりそうだ。最近の物価下落傾向を受けて、日本政府内には一体誰の責任なのか、どうすればいいのかを問う政策論争が巻き起こっている。政治家はまず自分の胸に手を当てて考えてみる必要があるかもしれない

(中略)

 こうした措置の実施は、主に藤井財務相をはじめとする政府側の管轄であり、日銀ではない。日本のデフレが日本経済に潜むさらに深刻な問題を示す兆候であるように、デフレをめぐる最近の議論は日本の経済政策決定に潜むさらに深刻な問題を示す兆候だ。金融政策が現在のデフレに果たす役割が何であれ、景気刺激は日銀だけの役割ではない
------------------------------(引用ここまで)

 っと、全文はWSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル) ご確認ください。

 アニマルスピリットなんだろうと思ったら、(行動への意欲)を高める政策をしろだろ。とのこと。
 規制緩和や減税で、財布の紐もゆるめさせろ (byケインズ) ってことみたい。ふむふむ。

 ……暗に、ムダムダ削減・廃止の事業仕分けにツッコミが入っているような気も(笑)

 ちょっと、元気になりました。WSJ、ありがとうございます!
[PR]
by bluesketch | 2009-11-28 12:53 | 社会情勢・政治

社会情勢ブログ。今の日本の危機的状況下で、日本人としてできることを模索中。


by bluesketch