日本の心をぶち壊すためじゃ?

砂川市私有地の神社意見 最高裁 政教分離起訴で新基準

 私有地といっても、元々は地元民が市に寄贈したもので、判決では無償譲渡しても趣旨に適合すると指摘した。しかし、ほかの神社だと、古くは共用地で市町村の土地扱いになっている場所も多いのではなかろうか。

 これに引っかかる小さな神社は全国に無数にある。神社つぶしじゃないか?

 祭事といっても、神主が常時いるわけではなく、町内会ではなく氏子集団だからダメって、日本人の生活に即してない。現憲法制定より前の北海道開拓時代からのですし、全国のだともっと昔の時代からの鳥居と祠である。車を走らせていると、そんな神社が無数にある。

 原告団はどういう人たちなのだろうね。新聞ではいいことを書いているけど、どういう団体が支援しているかな? (裁判官も……ゲホゲホっ 某宗教団体が多くなっているのを危惧しているって話もあったけ)

 (+追加 ラジオ情報では、原告はキリスト教だそう。うえやなぎまさひこの番組にて)
[PR]
by bluesketch | 2010-01-21 05:56 | 社会情勢・政治

社会情勢ブログ。今の日本の危機的状況下で、日本人としてできることを模索中。


by bluesketch